2010年03月09日

気になっていたことが解決

たまには仕事関係のことも。

いつもタンクレストイレについて思っていたこと。
一体型としてシンプルで素敵なデザインを実現しても、シャワートイレメカ部分の寿命で、陶器部分も含めた全体の寿命が決まってしまうことに疑問を持っていました。
従来のセパレート型の洋便器であれば、シャワートイレ部分が故障、修理不可となっても、シャワートイレ部単体で流通しており、交換することで最新機種のほとんどの機能が得られます。シャワートイレ一体型は、合理的に考えるとあまりおすすめじゃないと思っていたのですが、それを解決する商品がでました。

img100224_003.jpg
画像提供:INAX

http://www.inax.co.jp/company/news/2010/010_equipment_0224_550.html

これで、シャワートイレ部分が修理不可となっても、交換することでその便器を使い続けられます。長く、気持ちよく使って頂ける機器選定をすることも、建築設計の大切なポイントだと思います。
posted by shimoken at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 設備